映像

マシロギで使う映像を作っているのは通称キンタマ君。別に彼のキンタマがどうっていう訳ではない。

さて私は「映像制作」なんてした事ない。映像制作がどんなに大変なのか、今回初めて目の当たりにした。


 

このクモは、足のパーツが4関節ずつに分けて作ってある。その関節関節がそれぞれ動いて動画になるワケだが、凝り性のキンタマ君は、恐ろしい凝り方をしていた!!!
普通こういった動画は、動きのパターンを繰り返して使う物なんだけど、彼はよりリアルな動きを目指して、一本一本の足をそれぞれ別々で動かしたのだ!
3分間の映像なんだけど、丸々2日間、徹夜で制作していた。レンダリング(出来上がったデータの読み込み)だけでも4時間もかかっちゃうんだから、本当に凄い情報量。
このクモだけでもそれだけの手間がかかっているんだから、他の映像と合わせたら、恐ろしい手間と技術がかかっている。

私が思うに、シャカリキの舞台は総合美術である。あとギャグと下ネタと感動。いくらパソコンを持っていたって私にはこんな動画は作れない。これは技術もいるし、センスもいる。今回を期に、私は動画の味方が変わった。


キンタマ君、あんた凄いぜ!凄いよ!!!!!
でも、シャカリキの可愛子ちゃんたちが「おい、キンタマ」と呼ぶ姿はいただけない。


映像デザイン制作:キンタマくん 

トップブログ経歴絵本アトリエフォトシャカリキショップ掲示板おもしろメールケータイメールリンク