おじいちゃんが会いに来た



うちのおじいちゃんは、人一倍頑固でした。              
入院した事があるのですが、自分で点滴の針を引っこ抜いて脱走しました。
それから、いつも宇宙の話をしていました。              
それから「ゆかは町長の息子と結婚せな」と言ってました。      
(町長の息子は即婚者なのに)                    


それはおじいちゃんの88歳の誕生日の次の日、暖かな2月の日の事です。
私がいつものように仕事をしていると、1本の電話が。         


「平せさん、おじいさんが危篤です。」


私はドキッとなって職場から駅まで走りました。            
そして息を切らしてホームに着きました。               
誰もいないホームは眩しく、穏やかな風が吹いています。        
その時です。                            
線路を挟んで向こう側のホームに、何とおじいちゃんが立っていたのです!


「おじいちゃん!」


しかし目をこらしてみると、そこには誰もいませんでした。       


後から分かった事ですが、おじいちゃんはちょうどその時間に亡くなってい
ました。私が見たおじいちゃんは、気のせいか幻だったのかもしれません。
でも私はこう思いたいのです。                    


「おじいちゃんが会いにきた」






トップブログ経歴絵本アトリエフォトシャカリキショップ掲示板おもしろメールケータイメールリンク