・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・@@@@@・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・@@@@@@@・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
 ー・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・= =・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・ 田 ・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・
・・・・・・・・・・     ・・・・
・・・・・・・・・・ ★ ★ ・・
・・・・・・・・・     
・・・・・・・     
・・・・・・・・・  ×  
・・・・・・・・・     
・・・・・・・     
・・・・・・・・・・ □■□ ・・
・・・・・・・・・・・■■■■ □■■ ■■■■・・・
・・・・・・・・・■■■■ ■□■ ■■■■・・・
・・・・・・・・・・ / \ ・・
・・・・・・・・・・   ・・
・・・・・・・・   ・・
・・・・・・・・・・___・・
・・・・・・・・・・・・・ ・・・ ・・・・・
・・・・・・・・・・・ ・・・ ・・・・・
・・・・・・・・・・・・・ ・・・ ・・・・・
・・・・・・・・・・・・・ ・・・ ・・・・・
・・・・・・・・・・・■■■・・・■■■・・・・・
・・・・・・・・・・・・・■■■■・・・■■■■・・・・
・・・・・・・・・・・・・■■■■・・・■■■■・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私は冷え性なので、冬の露出狂には感心します。
大事な部分が凍傷になったりしないのでしょうか?
・・・丁寧に言ってみましたが、少々御下品ですね〜(>へ<)
それでは、お上品に言ってみましょう。


「わたくし冷え性ですから、冬の露出パフォーマンサーには、ほとほと関心いたします。陰部が凍ってしまうような事はないのでしょうか?」


・・・・・・・・・・ 恐怖の体験です ・・・・・・・・・・
真冬の夜、私は冷たい風に体をこわばらせ、家路を急いでいました。コートを羽織っていましたが、制服のスカートの中には冷風が入り込み、脚は太股まで、痛みが走るほどでした。そして冬風はセミロングの私の髪の毛も吹き飛ばし、耳を真っ赤っ赤に、かじかませました。


人気(ひとけ)のない住宅街に街灯は少なく、寒さと寂しさを演出しています。
おや?人の気配が?ふと後ろを振り返ると、ほんの5メートル程後を男性が歩いているではありませんか。あんまり近くで目が合ったので、私は一瞬ドキッとしました。男性は、黒いロングコートを着ていました。


しばらく歩いてから、私は何気なくもう一度、後ろを振り返りました。すると!


男性は露出していました。コートをはだけさせたその中には、何も着てはいませんでした。こんなに冷たい風が吹いているのに、男性は素っ裸でモンモンとしていたのです!!


家まで後15分はかかります。私は恐ろしくなって頭の中はパニックです★もしかしたら、どこかに引きずり込まれるかもしれません。もしかしたら、刺されるかもしれません。もしかしたら、私も仲間にされるかもしれません!!!


私は何とか露出狂から逃れたく、考えました。
そして遂に、ひらめいたのです。


人気の少ないこの道には、たまに車が通っています。私は、この車を利用して、露出狂から身を守ろう思いついたのです!!
私の思惑通り、背後から、知らない車が近づいてくる音がしました。私は歩道を歩いていたのですが、背後から来た車のヘッドライトは、しっかりと私を照らし出しました。
その瞬間!!!私は振り向きました。そしてめいっぱい恐ろしい顔をしたのです!私のめいっぱいの顔は、ヘッドライトにしっかり照らされました。


するとどうでしょう、露出狂は途端に立ち止まり、急にションボリした様子で、トボトボと引き返して行ったのです。
それから私は走って家まで帰りました。


は〜、ヨカッタヨカッタ(=3=)フウ。
男は、私のめいっぱいの顔を見ればイチコロというワケです☆
え?ヘッドライトを浴びた私が、どんな顔をしたのかって?
う〜ん、言葉で表現するなら・・・、「白目の般若(はんにゃ)」ですね☆★


それにしても、欲求にかられた男性ってスゴイですね〜〜〜、私には街角で露出する勇気なんてないです。舞台でヌードはやりましたが、アレも露出狂の内なんでしょうか?


女性諸君!人気のない道には気を付けましょうね==☆
そして露出狂諸君!自分の体を安売りしないようにしましょうね==☆



トップブログ経歴絵本アトリエフォトシャカリキショップ掲示板おもしろメールケータイメールリンク