『募金』


私はたまに募金します。それは1円だったり、1万円だったり。 


その日は3円募金しようと思いました。            
友人は4円募金すると言いました。そして話し合いました。   


「せっかく募金してるんだし、
 目立ちたいね。」     



それは刺激を求める私達には、とても新鮮なアイデアでした。  
私は白い狐のお面をかぶり、白いコートを羽織りました。    
友人は黒いコートにサングラス、それからマスクという、いかにも
怪しい格好をしました。                   


さて、いよいよ出陣です。私達は自動ドアの前まで来ました。  


ウイィーン。


ドアが開きます。                      
お面の目が小さかったのでよく見えず、私は友人の背中にドシンと
ぶっつかりながらレジへ向かいました。            
さあ、感動の募金です。                   
カスッカスッ、と軽い音をたてて1円玉がケースに入ります。  
そこにいた子どもは口を開けて見ています。          
なんて気持ちのいい。                    
今思うと店員さんには怖い思いをさせてしまったなぁ。     
外国だったら撃たれていたかも。               
(※真似しちゃダメだよ!捕まるよ。)                


今でもたまに募金します。                  



























トップブログ経歴絵本アトリエフォトシャカリキショップ掲示板おもしろメールケータイメールリンク