白昼夢白書

「それってひょっとしたら病気じゃない?」と思われるかもしれませんが、そうだったのかもしれません。当時の私には、それが白昼夢だという認識はありませんでした。私の場合はこうでした。


頑張ると、空に絵が出てくるのです。しかも頑張れば頑張る程、絵は次第に映像に実写にと近付いてゆくのです。


私はそれを「きれいだなー」と感じ、一斉下校などで長時間グラウンドに立たされる時なんかにやっていました。しかしある日友人に、「それって病気じゃない?」と言われ、ドキッとしてやめました。今ではどんなに頑張っても、白昼夢を見る事は出来ません。


◆トップへ