ダッタンソバ

いつでもお手軽にスプラウトを収穫出来るダッタンソバ。
シャキッとした歯ごたえがあり、非常に美味しいです♪




名前

一般名:ダッタンソバ(韃靼蕎麦)
学名 :Fagopyrum tataricum
別名 :ニガソバ(苦蕎麦)
科名 :タデ科ソバ属
植物分類 擬穀類
原産地 中央アジア
用途 ◎畑
○庭・花壇(スプラウトとして採取する場合は◎)
○鉢・プランター(スプラウトとして採取する場合は◎)
×ハンギング
×寄せ植え
×水栽培(スプラウトとして採取する場合は◎)
日当たり 日向で育てます。
スプラウト(芽)を収穫する場合は、光が全く無い状態で発芽させ、収穫します。栄養価と見た目の色を良くする為に、日向で発芽させて収穫する場合もあります。
これは日向で発芽させた様子です。発芽直後は葉は茶黄色をしており、日を浴びながら徐々に緑色に変わってゆきます。
スプラウトを長く伸ばして収穫したい場合は、段ボールの中など、暗闇の中で成長させます。
これは暗闇で発芽させた様子です。芽は光を求めて伸びるので、ニョキニョキと早く伸びます。色は白っぽいままなので、食べる直前に1日光を当てると、美味しそうな若緑色になります。
用土 大きく育てる場合は畑土が好ましいです。
スプラウトを収穫する場合は水栽培でも可能で、土を選びません。
種は2日程水につけてから蒔くと発芽しやすくなります。
種蒔き 夏(スプラウトを育成する場合はいつでも可)
水やり 土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えるようにしましょう。
水栽培でスプラウトを育てる場合は、水を1日2回取り替えましょう。
利用部分 実はソバ粉として用いられます。スプラウト(芽)も美味しく食べられます。(ソバアレルギーの恐れのある方は食べないで下さい。)

日向で収穫したダッタンソバのスプラウトを料理に添えてみました。食感はシャキシャキしています。味はカイワレの辛みを少しおさえた感じで、大変美味しいです。



トップブログ経歴絵本アトリエフォトシャカリキショップベランダ菜園掲示板おもしろメールケータイメールリンク