2001年3月11日〜20日の日記

2001年3月11日
怖い絵

キャ〜〜ッ!!
こんな階段、怖くて登れない!
今日もシャカリキの練習場は、岐阜の某会館だったんだけど、この会館、どうも古めかしい。
「古い小学校」っていうイメージ。
この階段にある油絵も、どうやら怨念を発している。
じゃあ、この絵の一句。

   涙乾の
   枯れた大地に
   爺と婆

階段を登るとき100%目が合うから怖い。


2001年3月12日

高菜

(((((ひとネタ)))))

========子と母の会話========
「おなか空いた〜。」
「おにぎり作ろうか?」
「うん、食べる!」
「塩でいい?」
「えーっ、塩だけ!?」
「砂糖も入れる?」
「そういうことじゃないよ〜。なんかないの?」
「あ、そうそう高菜はあっタカナ?」


2001年3月13日
靴下

私の靴下は専ら100円。
だから、大変派手な物が多いのさ。
100円靴下を買い始めた頃は、この派手さがちょっと嫌だった。
でも最近では
「靴下はこうでなくっちゃね〜。」

みたいな気持ちが芽生え、もうこんな派手なのしか持ってない。

靴下に穴が空いたとき。
私は縫ってまだ使う。
これだけ使われて、靴下もさぞかし喜んでおられよう。


2001年3月14日

美容院へ行って来た

ビバ・カラーリング

色を入れてもらったぜ!
まぁ自分で言うのも何ですが、私には明るい色が似合うのだ。
これで道行く人が振り返ること間違いなし。
ってゆうか、美容院の帰り道にズボンのチャック空きっぱなしだった。
それでそこからシャツが出ていた。
こりゃ道行く人が振り返ること間違いなし。

なんでだろうね。私の社会の窓はしょっちゅう開いている。
トイレへ行った後は、3割くらいの確率で開いている。
恥ずかしがり屋の平せゆか、開くのはココロの窓だけにしときます♪


2001年3月15日
王冠から服

JR岐阜駅で展示会をやっていた。
とても広い白い空間には6着の服が展示してあった。
いろいろな国のデザイナーさんのデザインが真っ白なタペストリーになっていて、その前に作品が展示してあった。私が一番気に入ったのは、写真→の素敵なドレス。この緑と赤のポップな柄がカワイイ。
近くで拝見したところ、実はこれ、ジュースの王冠で出来ている★
この作品を作ったのはフランスの人。
とぎすまされた感性は、流行の発信源、フランスで備わったのかしら?

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●今日の凄い名前●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
この展示会の大賞(写真とは別)はユッタポン・スッポタロムさんというタイの人だった。凄い名前だな!!!!!


2001年3月16日

日本一小さいバラ

日本一小さいバを売っていた。
とても小さいそのバラは、黄色、それにピンクもあった。
私は母に、ピンクのバラが花かごに入っている物を選んだ。
とても小さいこのミニバラ。とっても可愛くてキュート♪♪♪

家の玄関に飾って置いたら、早速パフーが花を食べた。
気をつけなパフー。綺麗なバラにはトゲが・・・あ!ミニバラにはトゲがない!
パフーから避難したミニバラは、結局洗濯機の上に置いてある。


2001年3月17日
あとの祭り

今日は、あとの祭りという劇団のお芝居を見に行ったよ♪
「蝗牙剣風伝」というタイトルで、とにかく日本刀で斬り合う。
とりあえず斬るとき、見ている私もグエッ、キエェッ、という気分になった。
とてもいい演出で面白かったよ♪
やっぱ日本人なら日本刀だよね〜。

ちなみに平せ家には昔ご先祖様の日本刀があったんだけど、戦争の時に持っていかれたんだそうな。
その時隠し持っていたら、今頃お宝鑑定してもらってたんっだろうな。
どっちにしても、戦いは恐ろしい。


2001年3月18日

私の部屋への入り口

これは私の部屋への入り口だ。
とりあえず天狗のお面。それから、紐を引っ張ると「カンカン」と音がするノックが付いている。

さてこのノックだけれども、誰もいないはずなのに、「カンカン」と聞こえる時があるのだ。
それで扉を開けると、パフーがちょこんと座っている。
まさか、パフーがノックを・・・・・?

そのまさか。パフーがノックをならしていた。
写真でも見て分かる様に、パフーはノックの紐をじっと見つめている時がある。それで部屋の中にいる私に用があるときなんかは、紐に飛びついて「カンカン」音をたてていたのだ!
可愛やパフー。
ノックの音が聞こえたら、すぐに扉を開けるようにしている。


2001年3月19日
伊東へ行ったよ

なんとzurumuke!を見てくれた伊東温泉マガジン(ito温泉.com)の制作者の方から声をかけてもらって、伊東にモデルのお仕事に行きました★☆★☆
モデルの仕事は岐阜・名古屋でしかやった事なかったから、私としてもとってもいい経験になったし、なにより楽しかったよ@@@@@

高級旅館(一泊30,000円)で撮影したり、水着で撮影したり、空き家で撮影したり、海辺で撮影したり、海の幸撮影したり・・などなど

ちなみに泊めていただいた宿は旅館いな葉というとても古くからある旅館で、それはもうステキ★
室内で桜咲いてるし。←おいおい!
温泉は気持ちいいし、美味しい御馳走までいただいちゃって、平せゆか、失神寸前!
思い残したことは何もない。・・・・・・・・。(←考え中)

今回のこの撮影は伊東温泉マガジンに3月末に載るので、ぜひ見てね♪

     ******************************************************

            伊東温泉マガジンのホームページはこちら↓
     
            http://www.itoonsen.com


2001年3月20日

さようなら伊東、また来ます伊東
さすが観光地!
電車から景色を見やすい。
帰りの新幹線から見た景色。
夕日が綺麗だなぁ♪

今日は朝から豪華な朝食。
味噌汁に伊勢エビ入っとるやんけ!
朝からぐつぐつ湯豆腐やんけ!!!
イカの刺身山盛りやんけ!!!!!
焼き魚美味すぎやんけ!!!!!!

こんなに出すなんて、恐るべし旅館いな葉
絶対食べきれないと思ったのに、気が付いたら綺麗に食べていた。
中居さんが来て「うちの朝食を全部食べる方は、あまりおられません。」って言っていた。

昼からホテルやアスレチックでの撮影をして、のどかで優雅なお店でお昼ご飯を食べたよ。
合鴨食べたの初めて。塩、こしょうも添えてあったんだけど、かけるのがもったいないくらい美味しかった。
その上このお店の夫婦は音楽家で、突然ピアノを弾いてくれたのだった。
は〜〜〜、リッチリッチ!あたしはすっかりお嬢様だよ!

そうこうしているうちに、そろそろ帰郷する時が来た。
「もっと伊東にいたいな〜。」っていうのが素直な気持ち。
伊東っていいところだね〜。温泉気持ちいいし、海の幸はめっちゃ新鮮で美味しいしさ。
また行きたいな〜〜〜、伊東!!!!!

     ******************************************************

            伊東温泉マガジンのホームページはこちら↓
     
            http://www.itoonsen.com


トップブログ経歴絵本アトリエフォトシャカリキショップベランダ菜園掲示板おもしろメールケータイメールリンク